ソフトウェアエンジニアのキャリアと資格

ソフトウェア開発でおすすめ資格と言えば、やはりIPA(情報処理推進機構)が実施する情報処理技術者試験でしょう。
内容には汎用的な知識が盛り込まれており、どんなソフトウェアやシステムを開発する場合にでも必要となる基本的な知識が得られるはずです。
企業によっては報奨金を出していたり、昇格要件として課している会社もあるくらいです。経験がまだ浅く、技術者としての方向性が定まっていないエンジニアは基本情報技術者試験、応用情報技術者試験から始めると良いでしょう。

それより上位になると高度試験と呼ばれ、専門分野のある区分になります。
このレベルになると、ある程度実務経験が無いと難しい設問も出てきます。
業務でも自分のスキルに専門分野と言える領域が出てきて面白さとやりがいを感じている頃合いかもしれませんね。
業務の領域で専門性が上がってきたら情報処理技術者試験に留まらず、ベンダ資格も併せて取得候補として考えてみるのも良いでしょう。

例えばデータベーススペシャリストと併せてオラクルマスターを取得すれば、データベースを扱うエンジニアとしての信頼性は非常に高いものになるでしょう。
同様にネットワークスペシャリストとシスコ技術者認定等、情報処理技術者試験以外にも各分野においてソフトウェア、ハードウェアベンダが設定している認定資格が多数あるので、実務で使用している機器やミドルウェアに対応する資格を取得すれば、理解が深まり仕事の面白さと同時に興味も増すでしょう。
同時にエンジニアとしての技術を客観的に保証できる利点があります。
今後、エンジニアとしてキャリアアップや転職の道を考えの方は、コチラを参考にするとよいでしょう→→→http://itengineer-sikaku.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です